賃貸住宅管理業登録制度

国土交通省は、賃貸住宅管理業者やサブリース業者を対象にした登録制度の概要を明らかにしました。
 
登録の対象となるのは、
  • 家賃・敷金等の受領事務
  • 契約更新事務
  • 契約終了事務
のいずれかを行う事業者です。
 
登録業者には以下のルールが課せられます。
  • 管理委託契約等の重要事項説明
  • 管理委託契約等の締結時の書面交付
  • 貸主に対する定期的な管理事務報告
  • 敷金精算の算定額の交付
  • 財産の分別管理
  • 帳簿の作成・保存
  • 従業者証明書の携帯
  • 誇大広告の禁止
  • 一括再委託の禁止 等
これらのルールに違反した場合には、国土交通省から指導等を受けることがあり、場合によっては登録が抹消されることもあるとのことです。
 
登録自体は任意ではありますが、業者を選ぶ際の判断材料になっていくことは間違いないですので、多くの業者が登録することになると思われます。
 
国土交通省では、この登録制度を平成23年度内に施行する予定にしています。

 

 

 

ページトップへ