HOME  > コンテンツ  > 宅地建物取引業法の知識  > 秘密を守る義務

秘密を守る義務

宅地建物取引業者は、正当な理由がある場合でなければ、その業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らしてはなりません。宅地建物取引業を営まなくなった後も同様です(法第45条)。 

プリンタ用画面
前
不当な履行遅延の禁止
カテゴリートップ
宅地建物取引業法の知識
次
媒介契約

東京 不動産 契約 契約書 証券化 ファンド ( 投資事業有限責任組合 有限責任投資事業組合 )

不動産信託受益権 信託契約書 宅地建物取引業 宅建 申請 第二種金融商品取引業 投資運用業 投資助言 ・ 代理業 ( 投資助言業 ) 他