HOME  > コンテンツ  > 宅地建物取引業法の知識  > 不当な履行遅延の禁止

不当な履行遅延の禁止

 

宅地建物取引業者は、その業務に関してなすべき宅地若しくは建物の登記若しくは引渡し又は取引に係る対価の支払を不当に遅延する行為をしてはならないとされています(法第44条)。

プリンタ用画面
前
供託所等に関する説明
カテゴリートップ
宅地建物取引業法の知識
次
秘密を守る義務

東京 不動産 契約 契約書 証券化 ファンド ( 投資事業有限責任組合 有限責任投資事業組合 )

不動産信託受益権 信託契約書 宅地建物取引業 宅建 申請 第二種金融商品取引業 投資運用業 投資助言 ・ 代理業 ( 投資助言業 ) 他