HOME  > コンテンツ  > 宅地建物取引業法の知識  > 取引態様の明示

取引態様の明示

広告を行う際の取引態様の明示

宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買、交換又は貸借に関する広告をするときは、自己が契約の当事者となつて当該売買若しくは交換を成立させるか、代理人として当該売買、交換若しくは貸借を成立させるか、又は媒介して当該売買、交換若しくは貸借を成立させるかの別(取引態様の別)を明示しなければなりません(法第34条第1項)。

注文を受けたときの取引態様の明示

宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買、交換又は貸借に関する注文を受けたときは、遅滞なく、その注文をした者に対し、取引態様の別を明らかにしなければなりません(法第34条第2項)。

プリンタ用画面
前
契約締結時期の制限
カテゴリートップ
宅地建物取引業法の知識
次
供託所等に関する説明

東京 不動産 契約 契約書 証券化 ファンド ( 投資事業有限責任組合 有限責任投資事業組合 )

不動産信託受益権 信託契約書 宅地建物取引業 宅建 申請 第二種金融商品取引業 投資運用業 投資助言 ・ 代理業 ( 投資助言業 ) 他