用語集

  

不動産証券化 : デューデリジェンス( Due Diligence )

投資を行う際に、投資対象に関して詳細な調査を行うこと。

不動産投資の場合は、法的な権利関係、建物の遵法性、修繕費用、土壌汚染などの環境リスク、地震リスク、物件の収益性(≒不動産鑑定)などを調査することが一般的です。

Due(当然の、正当な)+ Diligence(勤勉、努力)= 「当然の努力」という意味ですが、「投資家の自己責任」が原則とされるアメリカなどにおいては、投資家がこうした詳細な調査をすることが常識とされているからです。


不動産全般 : 媒介契約

宅地建物の売買や交換などの媒介に関する宅地建物取引業者と依頼者との契約。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類がある。

不動産全般 : 宅地建物取引業

宅地もしくは建物の売買もしくは交換、または宅地もしくは建物の売買、交換もしくは賃借の代理もしくは媒介をする行為で業として行うもの。宅地建物取引業を営むためには、免許を受けなければならない。

不動産全般 : 敷金

建物の賃貸借において、借主の賃料その他の賃貸借契約上の債務を担保するために貸主に交付される金銭で、明け渡し時において、未払賃料や原状回復費用等の債務・損害賠償額を控除して貸主から借主へ返還されるもの。


不動産全般 : 区分所有建物

分譲マンションのような一棟の建物のうち、構造上区分された幾つかの部分で独立している住居や店舗、事務所、倉庫、その他の用途に供される部分を有している建物。


(1) 2 3 4 »

東京 不動産 契約 契約書 証券化 ファンド ( 投資事業有限責任組合 有限責任投資事業組合 )

不動産信託受益権 信託契約書 宅地建物取引業 宅建 申請 第二種金融商品取引業 投資運用業 投資助言 ・ 代理業 ( 投資助言業 ) 他